がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

自動ドアが開かない原因は服装にあった!?開かない時の対策を考える

f:id:garusi:20171021220803p:plain

あれ…?反応しない…?

いつものように開くだろうと思っていた自動ドアが開かない、そんな経験ありませんか?

 

僕は過去に手を振っても触ってもジャンプしても開かないことがありました

 


以前から機械のセンサーに嫌われることが多くて、自動ドアだけでなくトイレの自動水栓やジェットタオルなんかにもスルーされることがよくあります

 


たぶん人間的なランクがいくらか足りていないんでしょう!

 

 

 

今日は僕みたいな自動ドアに弱い人に反応されない理由と対策を書いていきたいと思います

 

 

自動ドアが反応しない理由は服装にあった


まずそもそも自動ドアがなぜ反応しないのかをシークしていきます

 


これにはちゃんとした根拠があるみたい

 

日本の大手機械メーカー「ナブテスコ」さんによるとセンサーは光線式が現在一番多く使われていて、赤外線を物体が反射したのを検知してドアをあける仕組みみたい

 

f:id:garusi:20171021212019p:plain

出典元:https://nabco.nabtesco.com/automatic-door/structure/

 

で、この赤外線を反射させにくいのが黒い色なんです

黒い色は赤外線を吸収しちゃうんですね!

 

 

例えば足元のマットが黒、着ている服も髪も黒だった場合

センサーは足元のマットの黒と人間の黒い服装の差を区別できずに反応できない、っちゅーわけです

 

 

あとは黒い色だけでなく毛羽だった服装なんかも反応しにくいみたい

なので冬は特に黒いコート・セーターなんか着ている人は要注意ですね!

 

f:id:garusi:20171021220752p:plain

 

反応する確率をあげるには赤外線を反射させる

 

さて反応が鈍くなる理由がわかったところで対策を考えていきましょう

 

たとえ真っ黒でモッコモコのアウターを着ていたとしても、赤外線を反射させることが出来ればいいわけですよね

 

たとえば顔を上げてみるとか、手袋を外して手を振ってみるとか?

あとは明るい色のバッグや手荷物があれば取り出してみるとか?

いやー恥ずかしいですね

 

 

あとは…そうだな~

アウターを派手にするか髪の色をおもいっきり明るくしてみるとか?

ですかね?根本的な解決方法としては

 

 

ぜひ明るいアイテムでいろいろ試してみてください!

 

f:id:garusi:20171021221635p:plain

 

それでも開かなかったときの対策を考える

 

そこまでしても開かねーよ!

って人はもう開かなかったときの対策を考えていきましょう

 

 

ようは開かないから何が困るって、立往生しているのが恥ずかしいわけですよね

「あれ?あいつ自動ドアあかねーでやんの!」って思われるのがイヤ

 

 

 

ということはその恥ずかしい状況を回避すればいいわけです

では実際に僕がよくやっている回避法を紹介していきます

 

電話がかかってくる振りをする(1人のとき)

これは1人で行動している場合に使います

 

いつものように自動ドアの前に立ちますが、開かない

 

そんなとき僕はおもむろにスマホを取り出します

そして掛かってもいない電話に出ちゃいます

 

「もしもし?あー久しぶりー!そうなんだー…」

 

 

そう言いながら少しずつ自動ドアから遠ざかります

んで間合いを取ってまわりに人がいないか確認

 

自動ドアに入りそうな人がいれば後ろからすーっと付いていって

開けてもらっちゃいましょう

 

 

ホラ入れました

 

 

ですがこの技は演技力が必須なので注意が必要です

スマホを取り出して画面を見た瞬間少しびっくりして「あれ?」などという子芝居がうまくないと、滑稽です

 

 

そして演技中に本当に電話がかかってきたらもっと最悪です

自動ドアを通る前はマナーモードにしておきましょう

 

 

ドア直前であからさまに失速する(2人以上のとき)

2人以上いる場合は相方にまかせます

 

並んで歩いている、あるいは自分が半歩でも先に歩いている場合は

自動ドア直前であからさまに失速しましょう

 

 

この時も不自然に失速して怪しまれないように、おもむろにスマホを気にしちゃいましょう

まるで今通知がきたかのように「ん?」とでも言いながら画面をのぞき込みます

 

そして1歩先にタイミングよく動いた相方が自動ドアに反応したところで進みだします

 

 

ホラ入れました

 

 

「なに?」「何かあったの?」と言われてもスルーできるだけの言い訳を考えておきましょう

 

 

まとめ

何はともあれ演技力タイミングを見極める力は必要です

 

それでも「どーしても自動ドア開かない!」

っていうひとはもう普通のドアから入って下さい

 

 

そして人間的なランクを上げて下さい

きっと自動ドアを開けるのに必要なランクが足りていないんです

 

僕も含めて

 

 

世の中の自動ドアすべてにタッチ式のボタンが付くことを願っています

 

f:id:garusi:20171021222726j:plain

出典元:https://nabco.nabtesco.com/products/sensors/

 

ではでは