がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

意外と知らない自動車の交通ルール、うっかり違反しちゃってるかも!?

f:id:garusi:20171129195111p:plain

久しぶりに運転免許の更新にいってきました

 

僕の住んでいる群馬県は運転免許の保有率がなんと全国1位

人口比率でいうと1.4人に1人が免許を持っているぐらい車社会

 

しかも車の保有台数も全国1位で178万台(2016年3月末時点)

1人当たり1.26台持っている計算です

 

 

もう車無しでは生活できないぐらい車中心の生活なんですよね

 

 

意外と知らない交通ルールがあった

仕事がら車を運転している時間も長いので、交通ルールに関してはよくわかっているつもりでした

 

ですが運転免許更新の講習でハッっとさせられるような、意外と知らない交通ルールがあったのでまとめてみました!

 

 

夜間は原則ハイビームを使う

f:id:garusi:20171129191708j:plain

夜間に見通しの悪い場所でよくハイビームに切り替えますがこれは実は逆なんです

 

ハイビームが義務で、対向車が着た場合にロービームにしなきゃいけないと道路交通法で決まっているんですね

 

(車両等の灯火)
第五十二条 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。
2 車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

引用元:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

 

しかも正式名称もハイビームが「走行用前照灯」

ロービームが「すれ違い用前照灯」という名称があり、全てハイビームが基準となっています

 

 

ただ交通量の多い道路では絶えず対向車がきているため、ずっとロービームでもいいというわけですね

 

その時に常にハイビームのまま走行していたり、対向車が来ていてもハイビームのままにしていると罰金の可能性があるので注意が必要です

 

 

うーん難しいですね

対向車が来ない限りずっとハイビームにしていなきゃいけないんでしょうけど、交通量のまばらな場所ではちょっとめんどくさそうです

 

 

5才でシートベルトを着用していても違反

f:id:garusi:20171129195622j:plain

ちいさい子供を車に乗せる時にチャイルドシートって使いますよね

あれって6歳未満は義務化されているんです

 

ってことは5才の子を車に乗せている時にシートベルトをさせているから大丈夫だろうって思っていると、実は違反になります

ですが罰金はなく違反点数が1点加算になるとのこと

 

 

また6歳になったからシートベルトでいいのかと思いますが

もしもの時を考えるとそうでもないです

 

まだ体の小さなお子さんは事故の衝撃でシートベルトが首や内臓を痛めてしまう可能性があるので、身長140cm未満ならジュニアシートを使うのがよさそうですね

 

僕はまだ子供がいないので知らなかったのですが、実際に検挙例があるので知らない人も多いのかもしれませんね

ぜひ覚えておきたい知識でした

 

 

初見で絶対迷う「環状交差点」

みなさんはこの標識はご存知でしょうか?

f:id:garusi:20171129185100j:plain

これは「環状交差点における右回り通行」の標識といって特殊な交差点に設けられています

それが環状交差点(ランドアバウト)というやつです

 

ランドアバウトとはこんな交差点のこと

f:id:garusi:20171129185313j:plain

この画像は日本ではないですが2017年11月現在、日本でも57ヶ所にこんな交差点があるんです

 

先ほどの標識は「この交差点を時計回りに通行しなさいよ」という標識

 

画像で説明するとこんなかんじです

f:id:garusi:20171129192653p:plain

青ルート正解ですね

最短距離で赤ルートに行きたい気持ちですが、これは違反です

 

日本でも導入ヶ所が増えてきているので覚えておきたい交通ルールです

 

 

まとめ

昔からあるルールでも知らないことが多かったりしますが、新しいルールが次から次へと出来ているので覚えるのが大変なんですよね

 

でもそのルールを知らないことが命取りになることもあります

いつかどこかで使えるように知識だけは頭に入れておきたいですね

 

 

ではでは