がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

ブログでお金を稼ぐことよりも共感してもらえることの方が何倍も嬉しい

 

f:id:garusi:20171205225301j:plain

僕がブログを始めたきっかけはネットで稼いで今の会社を辞めるため

不労所得を夢見てPPCアフィリエイトをやり始めたのが最初の一歩で、そこから紆余曲折あってブログを書き始めた

 

もちろん稼ぐのが目的なのでアフィリエイトにもアドセンスにも手を出してるんだけど

最近「物が売れて報酬が入る」ことよりも「自分が紹介した物を買ってくれる」ことの嬉しさが何倍も大きいことに気づいた

 

 

選んでもらえることの嬉しさ

ブログでもたびたび報酬が発生するようになって思ったんだけど、

まず星の数ほどある記事の中から、自分の記事を選んで読んでもらえたことの嬉しさったら半端ないよね

 

なおかつそこから「共感」してもらって、「これオススメだよ!」って言った物を実際にお金を出して買ってくれるってすごくない?

 

もちろん報酬が入ることはものすごく嬉しい

でもそれ以上にこんな自分の記事から「買おう!」って思って貰えたことってすごい嬉しいことだよね

 

 

共感があるから嬉しいし楽しい

同じ「稼ぐ」でもPPCアフィリエイトの場合は「共感」を全く感じなかった

 

PPCやっていた時はただ無心でペラページを作っては投稿しての繰り返し

機械的に作業しているだけだったので「人の心」の部分に触れることはまったくなかったですね

基本的に買い手側の「共感」っていうものを感じない

 

だからなのかわからないけど、楽しくないんだよね

本来稼げて楽しいはずの作業が楽しくない

 

 

でもブログを2ヶ月ちょっと書いてみて思ったんだけど、スターであったりコメントであったりブックマークであったり「共感」してもらったことが目に見えるんだよね

 

これってものすごくモチベーションが上がるんです

 

 

楽しいから長続きできる

「稼ぐ」だけであれば共感なんて考えずにどんどんPPCの作業をすればいいんだけど

やっぱり稼げてなくても反応してもらえることの嬉しさには勝てない

 

だからブログは長続きできてるし、毎日更新していても「苦痛」に感じないんだなって思った

 誰かのためにもなるし、自分のためにもなる

 

なら最高じゃん

 

 

ってちょっとしみじみ思って見た

 

 

ではでは