がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

「小学生の列に重機突っ込む」現場監督として切実に思うこと

大阪市で下校途中だった児童の列に重機が突っ込んだみたい

最近よく児童の列に車が突っ込むのを聞きますが、重機が突っ込むなんて初めて聞いた

 

headlines.yahoo.co.jp

 

正直この文章だけを見ると、「重機を回送しているトラック」が突っ込んだのかと思ったんだけど、違うらしい

どうやら重機とはホイールローダーみたいで、名前に聞き覚えが無い人も画像を見れば「あーコレか」って思うんじゃないしょうか

f:id:garusi:20180201213049j:plain

 

これが?歩道に乗り上げて突っ込む?

意味がわからない

現場監督としては違和感しかない

なんでホイールローダーが単体で信号を渡ろうとしていたのか?

警備員はどこに居たのか、何を誘導していたの?

信号で止まろうとしていたってことは車みたいに走ってたってこと?

 

 

マジで意味がわからない

 

 

たぶん近くで道路工事をしていたんだろうけど、だったらなおさら区画して作業していなかったんだろうか

せめて交通整理して区画内で作業関係者だけ立ち入れるようにしておけば、百歩譲って歩道に乗り上げることはあっても児童は轢かれないだろうしさ

 

 

こうやって考えれば考えるほど現場監督としては違和感しかないし、

同時にいつ自分がこの現場監督の立場になって事故が起きてしまうかホント不安になる

 

 

もちろん作業員が起こした事故なんだろうけど、当たり前のように現場監督には監督責任がある

だから最悪の場合「業務上過失致死」で自分がやっていないのに書類送検されるんですよね

 

だからこそ常日頃から現場の整備しかり、職人の教育しかり一瞬も気を抜けない

 

 

あたらめて襟を正す

こういうありえないって思うような事故を見ると、ホント事故の予防策は尽きないし

全ての可能性を予測するのは不可能だって思うけど、ちゃんとやらなきゃなって思う

 

 

作業員が自分でミスって自分が事故るならともかく、第三者に被害が出るのは一番やっちゃいけないミスだと思うし、ホントに切なくなります

 

改めてこういう世界で仕事してるからこそ気を付けなきゃいけないことなんだって実感したし、いつ何が起こるか分からないからこそ日々の作業を気を付けようと思います

 

 

なんかシリアスな記事になっちゃいましたが、今日はこのニュースでちょっと仕事に対して考えさせられました

 

 

ではでは