がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

MENU

無料で広告を見るのが快適なのか、課金で広告を見ないのが快適なのか

f:id:garusi:20180508235922j:plain

 

どーも!がるしー(@garusi1105)です

 

テレビ・新聞・ネットや電車の中吊りまで、僕たちの生活の中に「広告」が与える影響は昔と比べ大きくなっていっています

みなさんは「広告」というとどのようなイメージを持つでしょうか?

 

毎日無料で見ている広告の中でも「興味を引くような広告」から「不快な広告」まで

広告が持つイメージは様々だと思います

 

そんな無料であるはずの広告が、ネットという媒体の中ではいつしか「お金を払ってでも広告を見たくない」という選択肢を選べるような時代になってきました

 

「無料で広告を見るのが快適なのか、課金で広告を見ないのが快適なのか」

 

『お金』と『広告』の絶妙な関係性について考えてみました

 

 

「無料」のかわりに広告を見る選択肢

サービスを無料で利用できるかわりに、広告を見るという選択肢

 

例えば「無料タクシー」なるものが2019年3月から運行開始となるこちらのニュース

headlines.yahoo.co.jp

無料でタクシーを利用できるかわりに、車内のディスプレイにはお店や商品などの

「広告」が表示されて到着までの間広告を見続けるというおもしろいサービスだ

 

もちろん運賃はユーザーにとっては無料なのだが、ディスプレイの広告主が負担することでお互いにwin-winの関係になれる

 

そしてその広告もむやみやたらに流すわけではなく、スマホ1つでタクシーを呼べる配車サービスで有名な「Uber」と同じようにスマホの専用アプリでタクシーを手配することで、ユーザーの年齢性別のほか関心のありそうなジャンルを選んで車内のディスプレイに配信されるという画期的なサービスとなっている

 

 

このニュースを見た時に「あーその手があったか」とものすごく関心してしまった

ユーザーの求める快適さと広告の有用性を活用したうまいサービスだと思います

 

 

「課金」するかわりに広告を見ない選択肢

サービスに課金するかわりに、広告を見ないという選択肢

 

例えばこちら大手SNSの「Facebook」が有料オプションで広告表示なしを検討しているというニュース

headlines.yahoo.co.jp

無料で利用できることが利点のはずのSNSで大胆にも有料オプションで広告を非表示にできるというサービスです

 

日本ではまだ利用できませんがあの「Youtube」も『Youtube Red』という有料だけど広告費表示でムービーが見放題になるサービスを行っていますよね

www.youtube.com

広告が嫌な人はお金を払ってでも非表示にしたいというニーズに応えています

課金した人だけ得をする、会社も課金で得をするというこちらもお互いにwin-winの関係になれるわけです

 

ユーザーの求める快適性と広告のわずらわしさをうまく相殺させたサービスだと思います

 

ただ広告のありかたを考えたときに「課金してでも見たくない」と思わせるような広告ってどうなんだろうって思っちゃいました

 

 

広告を見るのが快適なのか、見ないのが快適なのか

ブログを運営している身としては「広告収入」は切っても切れないものです

 

ユーザーにとって記事上に広告があることで邪魔なものとして捉えられるか、

自分の知らない情報を知れる有用なものとして捉えられるか、難しいところですよね

 

今後広告というものが紙からネットに形を変えたようにこの先もどんどん変わっていくと思います

 最初の例のようにうまく活用して、お互いにとって本当に快適で有益な関係になれるような広告のあり方が広がればいいなと思います

 

本日は2つのニュースでユーザーにとって快適なサービスと広告の関係を考えさせられました

 

 

ではでは

 

 

こちらの記事もオススメです!