がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

MENU

【現場監督】中小企業から大企業に転職してよかったこと、悪かったこと

f:id:garusi:20180728212853j:plain

 

どーも!がるしーです

 

ブラック企業だった地方の中小企業から、名前を聞けばすぐわかるような大企業に転職してから約3年が経ちました!

当時は初めての転職ということもあり不安だったんですが、

今では嫌な職場にそのまま居続けるぐらいなら転職してよかったなと思えるようになりました

 

そんな中小企業から大企業に転職を考えている方のために

僕が3年間で感じた大企業に転職したメリットとデメリットまとめてみようと思います!

 

 

【メリット】転職してよかったこと

まずはメリットから!

正直ここだけ見ればこんないい会社は無いと思えてしまいます

あくまでも光の部分ですのでご了承ください!

 

帰宅時間が早くなった

中小企業の時は18時が定時で、その後から会議だの打ち合わせが当たり前のように入っていて

定時退社の概念なんてありませんでした!

 

その点たまたま僕の就職した大企業は17時が定時だったというこもあるのですが、

もっと衝撃的だったのは「定時だから17時までに会議を終わらせる」といった言動が上司の口から出たのがホントにびっくりでしたね!

 

そんなこともあり帰宅時間はグッっと早くなりました

17時半には帰宅できている日が多くなり家族も喜んでいましたね!

 

 

ボーナス2回と決算賞与がちゃんと出る

会社が大きいとボーナスがしっかり出る印象です

 

中小企業のときは業績が悪いとボーナスが出ない年もあり、「夏出す代わりに冬は出さない」とかよく言われていました

求人には「年2回」って書いてあったじゃねーか!って何回も思いましたが、

まぁブラックで人が辞めまくって業績悪くなっていればそりゃ当然でないよね!

そんで出ても寸志程度でがっかりした覚えがあります

 

大企業に就職してからはボーナス2回と決算賞与で実質3回

1回の額もそれなりなので、コレがボーナスか…!と初めて思いました

正直年収はここで膨れているようなもんです

 

 

給料が2.1倍になった

そんなボーナスで膨れたことも要因の1つですが、

ありがたいことに年収が2.1倍になりました

 

やっている業務内容は前職とほとんど変わりません

置かれている環境次第でここまで変わるとかと心底思いましたね

 

 

福利厚生が良くなった

年収の倍増を助長しているのがこの福利厚生がしっかりしているという点もあります

色んな手当てが支給されていますし、旅行先の宿泊費が戻ってくるような福利厚生もありました

 

あと生命保険も少し安くしてもらえましたし、ローンを借りる時に年利がかなり低く借りることもできました

この点は中小企業じゃなかなか利用できないシステムだと思います

 

 

土日祝日が完全休みになった

夢の完全週休二日制やー!やったー!

これはホントに私生活への影響が大きいですね

 

前職は土日祝日関係なくバンバン打ち合わせが入ってしまい出勤していました

これが何年も続いていたので休日出勤をすることに抵抗が一切なくなってしまいましたが、一番困るのが休みが決められないということ

旅行を計画しようにも打ち合わせが入れば中止になるので休みが定まらなかったんですね

 

完全週休二日制になってからはホントに休みの日の計画が立てやすくなりました!

まぁそれでも土曜日はたまに出ていますが、それ自体は僕自身抵抗がないのでヨシと思えます

 

 

めんどくさい飲み会などが減った

小さい会社だと社長の一存で日曜日にレクリエーションみたいなやつがあるんですよ…

マジで…

 

社員がたくさん辞める→不満を持っている社員が他にもいるんじゃないか

→息抜きが必要→そうだ休みの日にレクリエーションをしよう!

 

それが原因じゃあああ!!

 

貴重な休みをなんで社員と一緒に過ごさなきゃいけないんだこのやろう!

こんなのが2ヶ月に1回ぐらいの頻度で合ったのでもうウンザリでしたね

 

 

大企業はそういうのまったくありませんでした

仕事とプライべ―トがはっきりしている感じ、まぁ当然なんですけどね

 

 

【デメリット】転職して悪かったこと

逆にデメリットはこんなかんじです

しょうがないかなと思えるようなものですが、人によってはやりづらいかもしれません

 

 

社内ルールが複雑

どこの会社もそうですが、社内ルールを覚えるまでって大変ですよね

そのルールが大企業の場合、長い歴史の中で複雑になっていたりするんです

 

細則基準まで知っていないと、どこかで監査に引っかかって「けん責」「降格」になったりするのでけっこうと大変でした

 

その点中小企業の時はそこまで強いルールはなく大体の事は「何でもオッケー!」

ある程度個人の判断で自由にやれていた感覚でした

 

 

コンプライアンスに縛られる

やっぱり名前が知れているとコンプライアンス違反にとっても敏感

ガッチガチに縛られてGPSで場所が分かるようにもなってるしさ

 

まぁこのご時世社員の不正で1社が簡単に傾いてしまう時代なので、当然かもしれませんが、息苦しく思う方にとっては不満かもしれませんね

 

 

デスクワーク(書類)がクッソ多い

何をするにも書類、書類、書類

何かやりたくてもどんだけ回覧するんだよってぐらいの経由者を経てやっと承認になりますね

 

これがあるから事務処理の数がものすごく多くて、ほぼデスクワーク状態

現場監督なんだけど現場にいる時間より事務処理している時間の方が長いです

パソコンが得意じゃなかったら辛かっただろうな…

 

 

全国転勤がある

これは大企業だったらしょうがないことですが、全国に転勤する可能性があります

転勤先は沖縄から北海道まで、海外はさすがにありませんがどこまで飛ぶか分かりません…

 

だいたい数年でかならず異動になるので家を買っても定住するのは難しそう

僕も入社してから一度異動していますが、隣の支店だったのでまだよかったです

そのせいで通勤時間は5分から1時間に伸びてしまいましたが…

 

 

中小企業の場合地域に特化しているので転勤はありませんでした

ずっとその地で仕事ができるという点では大きいですね

 

 

まとめ:給料、休日がしっかりしているが息苦しい

中小企業が悪いとは言いませんが、やっぱり給料や休日は大きい会社の方が良かったです

 

ただ給料さえ良ければ正直中小企業の時の方が楽しくてやりやすかったですね!

社長以外は人も良かったですし、辞めて3年経っても未だに前の職場の退職者達で飲みに行ったりしています

会社が小さいと密な人間関係を作れるのでその分仕事もやりやすくなるんですよね

 

しかし給料・休日のことを考えて安定したところで働きたいとなると

やっぱり大企業の方が安心感がありますし、何より家族が喜んでいました

 

多少の転勤や息苦しさを我慢すれば転職してよかったのかなと今では思えていますね

 

 

今すぐ転職したい人にオススメの転職サービス

20代~30代の転職には「マイナビAGENT」がオススメです

業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウを聞くことが出来るので、初めての転職でも悩まなかったです

 

応募書類の添削などもしてくれるので、履歴書の書き方なんて忘れちゃった!なんて人に便利なシステムですね!

 

約80%が非公開求人なので求人情報を見てもなかなか見つからない人は、

こういう場所も見てみることをオススメします

 

 

 

自分の「適正年収」を査定できるサービスもオススメ!

今持っている資格やキャリアから自分の市場価値「適正年収」を査定できるサービスがおもしろいです!

 

 

質問にいくつか答えていくだけで自分の価値が「想定年収いくら」として出るので

実際に転職する時に目安にもなりますね!

 

f:id:garusi:20180104182434j:plain

 

ちなみに僕もやってみたのですが、727万円でした!

そして選考条件に合致した企業数はなんと425社と結構多いですね

このまま転職サイトとして活用できるので一度やってみてはいかがでしょうか?

 

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

 

ちなみにこちらが試しに使ってみた記事です、参考までにどうぞ!