がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

MENU

長野県民は実家の標高を言える?両親で検証してみた結果

先日Twitterでお見掛けしたこちらのツイート

「長野県民が実家の標高を答えることができる」というもの

 

 

はー!これは長野県民としては非常に興味深いですね!!

 

とはいえ10年以上も前から県外で生活しているからか

実家の標高なんて考えたことすらないし、正直知らない

だいたいこれぐらいという、およその数値も浮かんでこない

 

あれ?ヤバイ、これが地元を離れたツケだというのか

それとも僕がただ単に非県民なだけだというのか

 

 

ただもしこれが本当だとしたらうちの親は即答できるはず

 

よし!

 

せっかくだから試してみようじゃないの

 

 

両親に「実家の標高」を聞いてみた

ホントにこれの話が本当ならうちの両親に聞いたら答えが出てくるはず

というか長野県民として実家の標高を知っておきたい!

 

そんな淡い期待を抱きながら電話をかけてみた

 

 

僕「あのさ、うちの実家の標高って知ってる?」

 

父親「650mぐらいじゃない?たぶんそのぐらいだったと思うんだけど」

 

 

おぉ…さっそくおよその数値が出てきました

てかすげーなホントにすぐ答えられるんか!

 

正直僕はこの650mという数字を聞いても僕はピンとこなかったので

それほど感覚が鈍っているようです

マジでどのぐらいだよ!標高650mって映像が浮かんでこないわ!

 

 

 

何はともあれおよその数値は分かりました

もう少し検証してみたいので、次は母親に変わってもらい再度質問

 

僕「うちの実家の標高って何mなん?」

 

母親「うちは634mだよ、ムサシで634m」

 

 

ヤバい、スカイツリーやんけ

 

てか1m単位まで知ってる

 

おまけに語呂までついてる

 

 

なるほど…みんなそうやって覚えてんのか!

つかどうやって知ったんだ、うちの標高

 

 

長野県ではそこらじゅうの標識に標高が書いてある

どうやってうちの標高を知ったのか聞いてみたら

どうやら自宅の近くの標識を見ればそこらじゅうに書いてるとのこと

 

そういや何でもかんでも看板に標高を付けていたような気もします

 

 

ちなみに道路標識はこんなかんじ

 

 

あとはどんな小さな里山でも標高が書いてあったり

各小学校にもこんな看板あったような気がします

 

そこらじゅうに標高を付け加えた標識看板があったんですね!

 

 

これなら生活しているうちに何となく見て覚えてしまっているのも納得です

覚える前に県外に出ちゃえばピンとこないというのもうなづけますね!

 

 

小学校の頃から山に関しての授業が多かった

今思えば標高に関してというか山に関しての授業がひたすら多かった気がします

 

長野県民は中学2年生の時にどこの学校でも2,000ⅿ~3,000m級の山を

1泊2日で登るガチ登山があるというのは有名ですよね!

 

 

この集団登山も準備からしてめちゃくちゃ本格的で

1週間前からガチの登山リュックに当日持っていく持ち物+普段使う教科書を詰め込んで

パンパン状態のリュックを背負って1週間学校に通い、当日まで重さになれる練習もしていたほど

 

それぐらい山に対して身近な環境だったんですね!

こんな生活を送っていれば標高すら覚えるわな!

 

 

もうあれ以来登山してないけど

 

 

実際の実家の標高を調べてみた

そういえばまだ答え合わせをしていませんでしたね!

実際のところ実家の標高は何mなのか?

 

この地理院地図を使ってピンポイントで実家の標高を調べてみました

 

maps.gsi.go.jp

f:id:garusi:20180827221627j:plain

 

いやこのサイトおもしろいわー!

1mmズレただけでちゃんと標高0.1mまで変化するのでいろんな土地の標高を知ることができます

 

さてでは気になる実家の標高を測ってみましょうかね

 

f:id:garusi:20180827221840j:plain

 

672.5m!!?

 

 

ムサシはいずこへ

 

 

まぁだいたい合ってるからいいか!!

これから実家の標高を聞かれた際は「672.5m」と正確に答えてやろうと思います

 

 

長野県民のみなさま、ぜひおためしください