がるシーク

あなたのギモンをシークする雑記ブログ。役立つ記事からくだらない記事まで毎日1記事更新中!暇な時間にぜひどうぞ。

がるシーク

MENU

Switch『ホリ クラシックコントローラー』を購入!レビュー感想まとめ

f:id:garusi:20181203203442j:plain

 

12月7日に発売の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にむけて

「ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch ゼルダ」を購入してみました

 

使ってみての感想や、機能などをレビューしてみます!

 

スマブラではおなじみのGCコントローラーのカタチをしているので

これから『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』をプレイされる方はご参考までにどうぞ!

 

 

『ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch』の特徴

『ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch』の特徴はざっとこんなかんじ

 

・Switchで使える見た目ゲームキューブコントローラー

・通常のゲームキューブキューブコントローラーにはないボタンがある

・USB接続で直接ドッグに挿せる

 

では1つずつ詳しく説明していきましょう!

 

 

Switchで使える見た目ゲームキューブコントローラー

f:id:garusi:20181203204155j:plain

出典:www.amazon.co.jp

 

コントローラーの外見やボタン配置はあのゲームキューブコントローラーと同じです

スマブラDX以降でこのコントローラ-に慣れている方はホントに使いやすいカタチだと思います

 

特にA,B,Y,Xボタンの配置はこのコントローラーが一番しっくりきますね!

Proコンも使いやすいカタチをしていますが

スマブラに関してだけはこっちの方が優勢ですね

 

 

前にスマブラシリーズをゲームキューブコントローラーで

プレイしたことがあるこの方にはかなりオススメできる形状です!

 

 

ゲームキューブキューブコントローラーにはないボタンがある

この『ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch』には

ゲームキューブ当時には無かったボタンがあります

 

今のSwitch仕様に合わせてボタンが追加されているんですね

 

 

追加されたボタンはこちらです

 

・ZLボタン

・ZRボタン

・両スティック押し込み機能

・ホームボタン

・キャプチャーボタン

・+ボタン

・-ボタン

・ターボモード

 

 

ZL・ZRボタンが追加されたことによる機能と性能

当時Rボタンの上に青紫色のZボタンがありましたが

それが無くなりLRボタンの上に「ZL」「ZR」ボタンが追加されています

 

f:id:garusi:20181203205306j:plain

 

このボタンの配置もProコンとは「ZL」「L」の配置が逆になっていて

奥が「LRボタン」、手前が「ZL、ZRボタン」となっています

 

f:id:garusi:20181203205501j:plain

 

よりゲームキューブコントローラーでの使い方に合わせたボタン配置となっていますし

この「LRボタン」、「ZL、ZRボタン」の反応を逆に設定する機能もついています

 

つまりゲームキューブの使い方に合わせるか

Proコンの使い方に合わせるかを自分で設定できるんですね!

 

 

ちなみにこのLRボタンですが、ゲームキューブの時より押し込みが浅くなっています

f:id:garusi:20181203205736j:plain
f:id:garusi:20181203205751j:plain

横から見てもらうと分かりますが

ゲームキューブ特有のLRボタンを押した時の「カシュ」が無くなっていますね

 

ただ指のカタチにフィットしていた以前のコントローラーの方が指は起きやすいと感じました

押しやすさは確実にホリ製のクラシックコントローラーなので使い続ければ慣れるのかなと思います

 

 

今のSwitch機能に合わせた追加ボタン

f:id:garusi:20181203210205j:plain



Switchおなじみの「ホームボタン」「キャプチャーボタン「+ボタン」「-ボタン」に加え

「ターボモード」という連射機能までついているんですね!

 

もちろんゲームキューブ時にはホームボタンや+-ボタンはありませんでしたし

Switchにはスクリーンショットや動画を撮る機能がついているので

これらのボタンはSwitchの機能を余すことなく使えるため超便利

 

 

特にスマブラでは良いプレイが出来た時に記録できる「キャプチャーボタン」を使うことができるのがこのコントローラーのすごく良い点だと思います

 

僕もこのコントローラーを購入したのはブログ用にキャプチャーしたいと思ったからですね!

 

 

また真ん中のターボモードでは連射は毎秒5回・10回・20回の3段階

連射を切り替える事ができるという優れモノ

 

各キャラクターの細かい検証などに使うことができ

よりやり込みたいという方にオススメの機能ですね!

 

 

この他に両スティックの押し込み機能の追加など

使い勝手は格段に進化していると思います!

 

 

USB接続で直接ドッグに挿せる

f:id:garusi:20181203211234j:plain

 

ゲームキューブコントローラーであれば

ゲームキューブ用のコントローラー接続タップが必須になってきますが

 

この『ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch』では

USB接続になっているので直接本体ドッグに挿して使うことができるという点が便利です

 

ご自宅にあるゲームキューブコントローラーであればSwitchでも使うことができますが

変換するために専用接続タップが必要になってきます

純正品はプレミアがついて高くなっていますし

もしコントローラーごと買うのであれば

ホリ製の方はコントローラーを買うだけで使うことができるのでオススメです!

 

 

ホリ クラシックコントローラーを使ってみての感想

「amiibo」は使えるのか試してみた!

スマブラでも使うことのできる「amiibo」はこのクラシックコントローラーで使うことができるんでしょうか?

公式には書いてありませんでしたので検証してみました!

 

 

まずクラシックコントローラーを接続してamiiboの設定画面にいくとやはりこの画面

 

f:id:garusi:20181203211829j:plain

 

『ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch』はamiiboには対応していませんでした!

 

 

もしこのコントローラーでamiiboを使いたい方は

2PコンでProコンなどamiibo対応のコントローラーを繋げることで解消できます

 

f:id:garusi:20181203212018j:plain


たとえば1Pにホリ クラシックコントローラーを接続して

2PにワイヤレスでProコンを接続してみました

 

この状態でamiiboの設定画面を開くと

 

f:id:garusi:20181203212134j:plain

 

無事に使うことができましたね!

こんなかんじでamiiboを使いたい方はお試し頂ければと思います

 

スマブラSPでのamiibo(アミーボ)の効果・使い方などはこちらの記事をどうぞ!

 

 

コードがめちゃくちゃ長い!

f:id:garusi:20181203212324j:plain

 

このコントローラーは有線接続という欠点がありますが

それを補えるほど接続コードがめちゃくちゃ長い!!

 

ケーブル長さは3mとテレビの前で使うには十分な長さでした

USB接続なのでTVモードでしか使えませんがこの長さがあれば離れたソファからでも快適にプレイできそうです

 

 

グリップの滑り止めがいいかんじ

f:id:garusi:20181203212541j:plain

 

このクラシックコントローラーではグリップ部分に滑り止め加工がしてあります

ツルツルしたゲームキューブコントローラーだと手汗で滑ることがあったので

この機能は地味に嬉しいです

 

触り心地は普通ですが違和感なく使えたので満足しています

 

 

まとめ:色は3種類!好きなカラーでどうぞ

以上!

『ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch』の特徴と感想でした!

 

スマブラ用に1つ持っておいて損はないコントローラーだと思います

またゲームキューブで遊び慣れた方には非常に使いやすい形状ですので

Switch用のゲームパットとしても優秀なアイテムになりますね

 

 

カラーは「赤」「黒」「黄」と3種類あります

 

マリオカラーの「赤」

 

ゼルダカラーの「黒」

 

ピカチュウカラーの「黄」

 

好きなカラーや好きなキャラクターで選べるのもいいですね!

各キャラクターのマークが入っているのがカッコイイです

 

ぜひスマブラ購入の際にご検討くださいませ!

 

 

ではでは